色彩と心理

友人とランチをしていて「話を聞いてあげよう」「ここでは時間が足りないな」と思い、
ゆっくりお茶を飲める場所に移動をしました。
そこは台湾茶を飲む店・カフェで、茶葉を選び火にかかった鉄瓶を前に何杯とお茶が飲める店。
ベビーブルーの壁紙に包まれ中はフランス風。
御所の緑が四季の色を映し窓は一枚の絵のよう。
ゆっくりした時間が流れています。

話を聞いてあげよう。と思ったのは何かに対して「わかってくれない」から来る深い思いがあって
「ほっ」とする。が少なくなっている状態だったから。
「安心・安定」「不安・不安定」はセット。そして対するもの。
不安・不安定が多い時は「ほっ」とするが少なく、安心・安定が多い時は「ほっ」とするが自然に(無意識で)多いもの。
大丈夫だ~・何とかなる。「ほっ」とする空間でそう思うきっかけ作りがあれば自分なりの工夫が生まれる。取り組む事への未来がある。そう思い店を選びました。

色には効果がある。問題を改善改革していくために色は使える。そして導いてくれる。
なぜそう言えるのか?
色彩心理を少し知っているからだけではなく、緩和ケア病棟で話の出来ない人にも使えるコミニケーションツールを作成できないか?として1年間体の状態と選ぶ色の記録を取りまとめた経験があり、
その事から色には効果があると実感しているからです。
健常者も同様なのか?の問いに答えるためにも同数の対比を取り、同じ内容を心身医学会で2度発表した経験からも色には効果があるとやはり言える。
見えない聞こえないそして気ずかない事を色が教えてくれる事もあるんですよ。

生の目的は心身の健康と心境の平静にある。
人が選ぶ色にはどれぐらい?どの程度?心の向きを教えてくれる時があります。
赤は短い時間で満足を得られる。青はつい長居をしてしまう。青でも深い青色は自分の内を見つめるのにいい。そして自律を促す。
自律とは選ぶことが出来るという事。
自律と工夫はセット。自律すると自分なりの工夫が出て未来を生み出していく。
色には心のモードをギアチェンジする効果がありますね。

心理学とは心の動きの学びの事。
人は十人十色。
心身の健康と心境の平静を目的に、色から心の動きに合わせたアロマを当方では選んだり、移り変わる色を目で追っていくコースがあったり、店内も色の効果を各所に使っています。
そしてお茶を飲む場所の前には緑が目に入るように。
これ血圧の安定に繋がるんですよ。
安心・安定そして安寧。
無事で安らかな事・安寧。そんな気分にさせる場での時間。大切だと思います。

そういえば台湾茶を飲みに来ている皆さん。窓に向かい座りゆっくりお茶を飲み自分の時間を過ごす。
そんな過ごし方をしておられました。
きっとうるさかっただろうな~私達(汗)と書いてて今反省しました(笑)

写真は実際に店舗で撮影したものです。もちろん店主に撮影許可は頂いていますよ。
場所は烏丸丸太町上がるおかき本店の横の店。

見た目フレンチ中は台湾料理・台湾茶カフェで茶器好きには嬉しい店ではないでしょうか

F style.が気になった、
ヒールエナジーインストラクター 嶋田 玲子さん reiko

店名:healenergy(ヒールエナジー)
 住所:京都市下京区寺町通り松原下る植松町
エスリード京都河原町302号
 TEL & FAX:075)361-7458
 営業時間:am10:00 ~ pm7:00(要予約制)
定休日:日曜日
URL:http://www.healenergy.biz/
SNS:twitter


The following two tabs change content below.
嶋田 玲子 嘉祥流観相学会 観士・導士 高田頂光(たかだちょうこう) 観相学については、こちらから ヒールエナジーインストラクター 嶋田 玲子 店名:healenergy(ヒールエナジー) 住所:京都市下京区寺町通り松原下る植松町 エスリード京都河原町302号 TEL & FAX:075)361-7458 ヒールエナジーのホームページはこちら

最新記事 by reikoshimada (全て見る)

Leave a Comment

'