烏丸で働く女性のお悩み解決〜冷え対策編

『足湯で冷え性改善』

10月も半ばになり、朝晩はとても寒くなりましたね。

この時期、多くの女性が不安に思っていることは、冬にやってくる「冷え」ではないでしょうか?

 

「足先が冷える」「手が冷たい」「体全体が寒い」「お腹が冷たい」など、冷えの感じ方も人それぞれですが、冷えを改善していく方法はいくつもあります。

今日は、具体的に、冷えを改善していくためにどのような方法をとればいいのか、お伝えしていきたいと思います。

 

まず最初にオススメするのが、「足湯」です。

dsc_17792

熱めのお湯(44〜45度)に、足を約20分くらいつけましょう。

すると、身体全体から発汗してきて、皮膚、筋肉がゆるみます。
同時に神経がおだやかになって、頭もゆるんできます。
その結果、冷えが解消され、体の調子が良くなってくるのです。

 

足元からポカポカ。

考えるだけでほっこりします。

毎日できれば一番良いですが、無理な方は1日おきや、週に何回、など定期的に行ってみてください。

 

余談ですが、一昨年裸足にチャレンジしたところ、しもやけになった私ですが、この足湯をすると、すぐさま改善!!
しもやけの方はぜひ実践してみてください。

 

次に、「布ナプキン」

dsc_087722-1024x768

聞いたことある方も多いと思いますが、その名の通り、布でできたナプキンのことです。
使い捨てではなく、お洗濯して、何度も使うことができます。

 

ドラッグストアで売られているケミカルナプキンの多くは、化学物質(高分子ポリマー) が入っており、それを肌にあてていることによって、どんどん体が冷えてしまっているのです。
しかも、肌といっても、弱い粘膜である膣の部分なので、他の体の部分よりもより吸収力が高いため、体を冷やすだけでなく、毒素まで吸収している恐れもあると言われています。

 

毎月訪れる月経のたびに、体を冷やしてしまっているなんで、残念でなりません。
ぜひ布ナプキンもチャレンジしてみてください。

 

いきなり布ナプキンはドキドキするという方は、ケミカルナプキンの上に不要になった布を置く、という方法で、少しでも冷えを和らげてください。
要らない布作戦でも、効果は期待できますよ♪

 

そして、この時期オススメしたいのは、布ナプキンを月経のときだけでなく、ライナーとして普段着用するということ!

dsc_08782-1024x768

そうすることによって、子宮が温まり、体全体がポカポカしてくるのです。
この感覚は驚きくべきものなので、ぜひ一度試してみてください。

 

布ナプキンも、取扱店によって生地が様々なので、自分が一番気持ちいいと思えるものを探してみてくださいね。
布ナプキンも楽しみながら使いましょう。

 

「冷え対策」といってネットなどで検索しても、様々なやり方が載っています。
方法ももちろん大切ですが、一番重要なのは、あなたが無理せず続けられるということです。
あなた自身も、あなたの体も喜ぶ冷え対策の方法を見つけて、毎日少しずつ実践していきましょう。

いろいろと紹介していきますので、まずは試してみてくださいね。

 

仕事もプライベートも、充実した時間を過ごすためには、何よりも元気な身体が必要です。
あなたができることを少しだけでも日常生活に取り入れて、少しでも快適に毎日を送ってください。
輝くあなたを応援しています。

さちよの鍼灸マッサージ やまさきさちよ
075-212-4113

〒604-0001 京都市中京区丸太町通室町東入ル道場町3 オークローチェビル2階


The following two tabs change content below.
京都烏丸丸太町で鍼灸マッサージを営業中。 はじめまして。鍼灸マッサージ師のやまさきさちよと申します。 当院は、京都市中京区烏丸丸太町で、30代~60代のビジネスパーソンのためのオーダーメイド整体をおこなっております。 http://yamasakisachiyo.com/

Leave a Comment

'