冬のあったかグッズ

初めましての方も、一ヶ月ぶりです、の方も、こんばんは。
やまさきさちよです。

昨年から暖冬と言われていますが、さすがに寒くなってきましたね。

冷え性の私も、体を温めるため、なんだかんだと身体改革しています。
そんな私から、今日は、「身に付けるもの」の冷え対策、冬のあったかグッズをご紹介したいと思います。

東洋医学の考え方の一つに、「首」とつくところは冷やすな、というのがあります。

手首、足首、首、ですね。

先日趣味の着物を着ていて思ったのですが、着物はこの冷やしてはいけない首が、ほぼ露出されています。
それなのに、寒くないのか!?と思うのですが、そんなに寒くないんです。
着物はやはり、身体にとって一番大切なお腹、腰の部分、丹田の部分が帯でしっかり守られていて暖かいからか、体全体が暖かいように思います。

 

話は戻り、手首、足首、首を守るものですが、皆様は何を思いつきますか?

 

まず、首については、やはりマフラー、ネックウォーマーですよね。

このマフラーについてなんですが、素材によってかなり暖かさが違います。

分厚さ、ではありません、素材です。

 

カシミヤのマフラーを買ってからは、寒い日はそれ以外は考えられない!
首をぐるぐる巻きにしてしまえば、洋服がやや薄着でもなんとかなる、くらいのレベルです。

 

が、このマフラー、主人に買った物で、グレー。
私が最近着ているコートはグレー。
冬のあったかズボンはグレー。

と、暖かさを重視するとグレー一色人間になってしまうところが最近の私の悩みの種であります。
ま、寒さには勝てないので、1シーズングレーウーマンでも気にしません。

 

さて、お次は足首ですが、足首を温めるものはレッグウォーマーですね。

レッグウォーマーをするとやはり足首周りがゴロゴロして、洋服選びにも難儀しますが、大きめのズボンの時や、家にいる時などだけでも着用してみてはいかがでしょうか?

そして、大量生産されているレッグウォーマーよりも、手編みの、毛100%のレッグウォーマーが何より暖かい!!!

私と主人は、母に編んでもらったレッグウォーマーを毎日つけています。

DSC_1645~2
一年前、「あったかいから、つけさ」と言って私に渡されたレッグウォーマーを、若干面倒くさそうな顔をしながら受け取った彼。

今では、「これなしでは考えられへんなー」といいながら毎朝すすんで着用しています。

筒状に編めばいいだけなので、少しだけでも編み物ができる方は、作ってみてはいかがでしょうか?

 

そして、最後に手首。
アームウォーマーですね〜。

「ウォーマー」とつければなんでも商品になるんだ、と知った今日この頃であります。

手首〜手の甲を温めることによって、体全体がとっても温かくなります。

パソコン作業の時も、手先が出てて、冷たくなってくることないですか?
ランニングするとき、手が冷たくないですか?
ちょっとそこまで行くのに、手袋ってほどではないんやけどなぁ•••ってときないですか?

そんな時にアームウォーマーをぜひ利用してみてください。
手首から入ってくる冷えを予防できると思いますよ。

こちらも、私たち夫婦は、母の手編みのものを使用しています。

DSC_1643~2

洋服店でも置いているお店を見かけるので、ぜひ探してみてください。

首、足首、手首。

ほんのちょっと外に出しているだけなのに、冷えは、そこを狙ってやってきます。
ぜひ、かわいい「ウォーマー」つけて、オシャレに体を温めてみてください♪

では、また。

 

追伸:腹巻&毛糸のパンツもめっちゃオススメです!!
あと、お白湯!!


The following two tabs change content below.
京都烏丸丸太町で鍼灸マッサージを営業中。 はじめまして。鍼灸マッサージ師のやまさきさちよと申します。 当院は、京都市中京区烏丸丸太町で、30代~60代のビジネスパーソンのためのオーダーメイド整体をおこなっております。 http://yamasakisachiyo.com/

Leave a Comment

'