【烏丸で働く人に届けたい】 Andante

烏丸通りを東に外れて、蛸薬師通と富小路通が交差するところに
オーダー靴が作れるお店がある。

店内に入ると、ディスプレイ用の靴や靴づくりの工具、山のように積んである靴型が目見入ります。
靴の工房。職人の仕事場。
というほど固い空間ではありませんが、本物を感じさせる空気が確かに感じられます。

「もともと医療従事者として、お医者さんと一緒になって患者さんに合わせた靴を作っていました。
足は人それぞれなのはもちろん、左右でも全く同じ形の人はいませんし、
日本人には扁平足の方が多いので、既製靴が足に合うことは難しいです」

そう語るのは、Andanteの八巻 裕介さんと貴子さん

andante_01

―確かに、某シューズショップで購入する靴は、なかなか足に馴染まなくて歩くたびに痛むことが多い。
これはもしかすると、合わない靴を無理やり履いていたせいなのか

「気づかずに足に合わない靴を履き続けていると腰の痛みにつながるんです。
ですので、ここでは一人ひとりの足の形に合わせ、内側からも美しくみられる靴を作っています」

―なるほど。
足によくないことは身体にも影響してくるのですね。
実際に、自分に合う靴を履いたことがない人にどうやってその良さを伝えていくのですか。

andante_04

「まずは線引きです。
オーセンティックな靴を置いておくことで、今までこういった靴を履いたことのない人や
自分の足に合う靴がわからない人に、新しい靴との出会いがあることを伝えています。
フィッティングでは、その人の反応を見ながら、希望しているもののちょっと上を行けるように心がけています」

「相手の価値観を理解したうえで靴を作るのはなかなか難しいことなので、
医療的なつくりに強いことを生かして、こういう症状があるのならこういう原因が考えられるので、
こういう靴にしていきましょうといったコミュニケーションをとりながら作っています」

andante_03

―やっぱり、オーセンティックな靴を求めてくるということは
ご来店される方はいい感じに年を重ねた方が多いですか?

「当初はハイエンドな人たちが多くいらっしゃるかなと思って作っていたのですが、
でも最近は10代から80代の幅広い年齢層の方々に来店いただけるようになってきています。
意識が高い方が多いですね」

「女性の方は、靴が足に合わなくてデザインが選べなくて困っているという悩みを抱えて来店されたり、
男性の方は、ディスプレイの靴のデザインを見て入ってきてくれます」

―足のこと靴のことに興味があるならどんな人でも、
歓迎してもらえるわけですね。ありがたい。

「私たちは、足の違いも個性だと思っています。
フォルムもディティールも個人の個性として引き出していくので、
自分の個性に合った靴を求められる方にきてもらいたいです」

「色だったり履くシーンだったり、素材や作り方、見え方、お客様が想像しやすい提案をしていきます」

andante_06

―話は変わって、Andanteさんは蛸薬師通にあるわけですが、
ここでお店を出してみて感じたことってありますか?

「京都って実はスーツが似合わない街だと思うんですよね。
カッチリしすぎたスーツよりジャケットにチノやデニムのパンツなど、
ちょっと崩してみせるのが京都らしいと思っています」

「また、蛸薬師通りには、職人としてお店を出している人が増えてきていて
近くにテーラーさんもあるので、お客様のスーツと靴をそろえることができます。
このまま、蛸薬師通が職人の通りとして、いろんな人に知られていったらいいなと思います」

―Andanteさんの靴が、お客様一人ひとりの人生の嗜みとして輝く。
職人の粋な仕事を言葉として捉えるのではなく、
音を聴いて、目で見て、感じることのできる蛸薬師通。

「お寿司屋さんのカウンターに座るのと同じ。
一つのものを手に入れるために職人との会話を楽しんでほしい」

「気がついたらここの靴ばっかり履いてるねってなるといいです」

andante_02

安心して自分の足を見てもらえる。
安心して靴を履くことができる。
当たり前のようで、なかなか難しいことがここでは職人と自分の靴を作ることができる。


Andante
TEL: 075-754-8151
住所:京都市中京区蛸薬師通富小路東入油屋町140ルピア1F


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'