烏丸で働く女性のお悩み解決〜肩こり編

『肩こりからのストレートネックと枕選び』

いま、ほぼ全ての働く女性が抱えているお悩みといえば、『肩こり』ではないでしょうか?
烏丸健康情報

最近では、中・高校生でも、『私、肩こりなんですー』という場合も。
では、なぜこんなにも『肩こり』が世の中に広がってしまったのでしょう?

それは、やはり、現代の日常生活に関係があると思います。

パソコン、スマートフォンでの悪い姿勢。
startup-photos-large

肩、首を冷やすようなファッションやアクセサリー。

pexels-photo-large-1

下駄ではなく、ヒールが多くなった足元の不安定さ。
情報過多により、思考をいつも働かせていることから起きる、無意識下での緊張。
便利な生活になったことによる運動不足。

などなど、原因となる物・環境はたくさんあるといえるでしょう。

しかし、その原因を、仕方ないと言って放っておいては、私たちのビジネスパフォーマンス、プライベートは充実しなくなってしまいます。

なぜなら、肩こりをほったらかしにしておくと、様々な悪い状況が引き起こされてしまうからです。

頭痛、手のしびれ、首の痛み、むくみ、冷え、悪い姿勢、便秘・・。
恐ろしいですね。

 

また、肩こりがひどいという理由で病院を受診された方が、「ストレートネック」と言われることも多いです。
私の院に首や肩の症状で来られる方のほとんどがそういわれたと言って来院されます。

では、このストレートネックはなぜ起こってくるのでしょう?
ストレートネックになる原因、それは、先ほどお伝えした日常生活にあるのです。

本来、背骨はゆるやかなS字カーブを描いています。
そのカーブがあることで、四本足の動物から直立二足歩行へ進化した私たちがうまく生活できるようになっています。

つまり、S字カーブが重力や頭の重さといった、体にかかってくる負担を分散してくれているということです。
しかし、ストレートネック(つまり、ゆるやかなカーブが少ないこと)であると、それらの衝撃を直接受けてしまうため、様々な症状が引き起こされてしまうのです。

 

では、このストレートネックを改善していくにはどうしていけばよいのでしょうか?

冒頭にあげた生活習慣を改善することももちろんですが、もう一つは、前回の記事でもお伝えした、【腹式呼吸】を行なうということです。

DSC_0547~2

腹式呼吸を行なうことで、体幹(手足をのぞいた胴体の部分)が鍛えられ、体の土台がつくられることになるので、首に余計な負担がかからず、重い頭も安定して支えられるようになります。
その結果、良い姿勢になり、余分な力がかかることによって起こっていたストレートネックへの負担が減少します。

方法は、まず息を吐ききって、鼻から思い切り息を吸い込む。
このときお腹まで空気を入れることを意識して、めいっぱい入れたら、口から細く長ーい息をゆっくり吐いていきましょう。

5秒かけて吸って、10秒かけて吐くイメージで。

お腹の筋肉がプルプル動いていることを確認できましたか?
確認できた方は、しっかり筋肉を使えている証拠です。続けて行ないましょう。
確認できなかった方は、体がそんなところ使ったことないよーとビックリしている状態。
何度も行なうことで、お腹の筋肉たちに、「力を発揮してねー」と声かけをしていきましょう。
そうすれば、自然と動くようになってきますからね。

 

また、肩こりの方がよく言うセリフは「枕」について。
高い枕を何度も買ったり、いろんな種類の枕にチャレンジしている人は少なくないと思います。

多くの方が陥っているのは、自分自身じゃなく、枕が主役になってしまっているということ。

体の主役はあなたのはずです。

だから、寝るときに枕に合わせて寝るのではなく、枕があなたに合わせて、リラックするして質の良い眠りをすることが大切になってきます。
では、そのためにはどうすればよいのでしょうか?

私がオススメしているのが、バスタオル枕です。
_20160920_173049

バスタオルをくるくると丸めて、その日のあなたに合わせた高さにするのです。

寝心地を確認し、心地よく寝転べたら、そのバスタオルの高さが、今日のあなたの枕の高さなんです。

私は普段はバスタオルもなしですが、首や肩の調子が悪いときは、バスタオルを巻いて、眠りやすい環境を作って眠りに就きます。

質の良い眠りが出来ることで、ある程度の疲れや体の不調が自然と改善していくようになれば、ベストですよ。

 

仕事もプライベートも、充実した時間を過ごすためには、何よりも元気な身体が必要です。
あなたができることを少しだけでも日常生活に取り入れて、少しでも快適に毎日を送ってください。
輝くあなたを応援しています。

さちよの鍼灸マッサージ やまさきさちよ
075-212-4113

お店の情報
〒604-0001 京都市中京区丸太町通室町東入ル道場町3 オークローチェビル2階


“back number”


The following two tabs change content below.
京都烏丸丸太町で鍼灸マッサージを営業中。 はじめまして。鍼灸マッサージ師のやまさきさちよと申します。 当院は、京都市中京区烏丸丸太町で、30代~60代のビジネスパーソンのためのオーダーメイド整体をおこなっております。 http://yamasakisachiyo.com/

Leave a Comment

'