【烏丸で働いている人に届けたい】 雑魚や

六角通りに港がある。
京都の真ん中で、おいしい魚が食べたくなったら行きたいお店がある。

町屋の魚料理屋

雑魚や

zakoya_soto

―お店を運営するうえで大事にしていることって何ですか?

「もともと従業員の満足に重点を置いてお店を立ち上げたんです。
独立するまでは、いくつかの居酒屋で働いていたが、お客様に価値を提供するために
従業員がしんどい思いをすることに先が見えなくなった。

だから、仲間全員で高め合っていい環境を作る。そうするこで、お客様を喜ばせるために自分で考えて動くようになる。
そうやって、サービスを提供する従業員たちが満足していれば、お客様へのおもてなしのレベルも上がっていく。

そして、来てくださったお客様にはおいしい料理をゆっくり楽しんでいただけるようにしています。」

―従業員はもちろん、お客様に提供したい価値って何ですか?

「”初体験”と”驚き”
このお店で提供してる魚料理はあくまでも、そのためのツール。
”はじめてこれ食べた”
”はじめてこれ見た”
”はじめてこういう接客してもらった”
お客様のことをしっかり見て、最大限に喜んでくれるようなサービスを提供する。
従業員にあれしろこれしろとは指示しないけど、 お客様をしっかり見てサービスを提供するということはお願いしてます。

zakoya_soto2

―烏丸でお店をしていて感じることはなんですか?

「ビジネス街ということでサラリーマンのお客さんが多いので、
毎日の仕事を頑張っていただけるように“お腹いっぱい”をテーマにしています。」

―雑魚やさんでは毎月イベントを開催されているようですが…

「”この値段でこんなことができるのか”
”こんな食材の組み合わせがあるのか”
こういうことを実際に体感していただくための手段としてやっています。 」

―烏丸で働いている人に伝えたいことってありますか?

「なんでもいいので夢を持ってほしい。
夢を持って、毎日を楽しく、進化していく人はかっこいいと思う。
簡単には見つかるものじゃないけど、いつか夢は見つかるという気持ちで日々を過ごしてほしい。」

zakoya_nakanishisan

お客様はもちろん、従業員まで楽しく過ごせるお店。
そんなお店が京都の真ん中にあります。

心の底から安心したい時は、雑魚やへ。


店名 雑魚や
TEL 075-221-3358
住所 京都府京都市中京区六角通烏丸西入ル骨屋町147-3

The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'