【烏丸で働く人に届けたい】Soil hair design 土井裕さん

なんでだろう??

なんで好きになったんだろう??

好きなことが見つからない、やりたい事がないっていう人

一歩目が行動できるけど、さらに深めていく事が出来ない人

そんな人に読んでもらって少しでも自分を振り返ってもらいたい話です。


今回の取材は、好きなことを取り組み続けてきた事で

自分の想いを事業として表現している

Soil hair design の土井裕さん

土井さんの写真

好きなものが見つかった時のきっかけを覚えていますか??

もともと3人きょうだいで、姉2人の末っ子なので、

ファッションや美容の情報が入って来やすい女性環境の中で育ちました。

ですから、他の同級生とかよりは、ファッションに興味を持ちやすい環境だったと思います。

よりファッションに踏み込んだきっかけを覚えていますか?

ファッションに踏み込んだのは中学2年のときですね。

”mens nonno”の雑誌を読んで、

ファッションビルや大丸のアニエスB・ポールスミスに洋服を買いに行っていました。

その後の高校時代は、アルバイトしたお金でいろんな洋服を買って、

学校が終われば私服に着替えて街に出かけていました。

制服で過ごす時間より自分の好きな服で過ごす時間の方が多かったかもしれませんね。

店内写真1

“好きなことに時間を使う”

好きである美容師の道へ歩むわけですが、

その時の決断を振り返って思うことってありますか?

ごく自然と美容師になる事を決めていたので、

仕事、人生などを決める意識した事はありませんでした。

当時は仕事を覚える事に必死だったので、あの頃に戻りたくないですね。笑”

ただ、早くから社会に出たことで友人から応援や少し敬意を示してくれることを感じていました。

”自分の得意なことはなかった。”

自分では自身の事を器用ではない人間だと思っています。

だから、目の前のことに、粛々と向き合ってきた。

様々な人や素敵なサービスを見て、自分の考えから揺れ動くことはなかったのですか?

器用になんでもできると、違う道も可能性があると脇見をしてしまうと思います。

私は、器用な人間ではないので、自分のできる事を少しでも高める事に努力をしてきました。

店内写真2

“人は人、自分は自分”

“認める事と自分の意思 ”

今回、取材を通して土井さんの柔らかい雰囲気と口調は、

3つ、4つ奥行きのある考えから出ているように感じました。

いつものサービスに満足できない時、自分の目的に対して、

意見を返してくれる店員さんに出会うといいかもしれません。

謙虚な心で学んで、本能的に動く。


住所下京区高倉綾小路下る綾材木町188-2 四条白鳥ビル2F

店名 Soil hair design
TEL 075-744-0125

The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'