『PR』ワインとの距離感、嗜みへの距離感を知る。

この話は、価値観ありきだと想う。

社会に出て色んな方と出会う機会が増えて、

“お酒”や”食事”は、

順番を間違えると無駄な時間になるんじゃないかっていう話。

社会に出て、交流イベントに求める前に自分求める事3つ。

food-salad-vegetables-party-large

①ご飯を食べたい目的なら行く必要ない。

何の為にあなた自身の時間を使って、他人と過ごそうとしているのか?

もっと好きな人や大事な人と時間を過ごした方がいいと想う。

②誰から誘ってもらったイベントやパーティですか?

人数集めで呼ばれる事とゲストとして招待されるのは、意味合いが違います。もし気になるイベントは、ホストの意図や目的を良く聞いて参加してみましょう。

③サーブされる食事をきっかけにお話を展開していきましょう。

話す事が苦手であっても聞いてみましょう。

美味しさ(味覚)と表現方法(トーク)は別です。

もっと対話力を磨く必要があるかもしれません。

関係ない事を話して、場が凍り付く…なんて(汗)

cold

だからこそ、他人との共通点が見える内容に興味があって然るべき。

興味のないイベントに行って価値を見いだせないなら、

行く前に、準備と順番を考えておきましょう。

勝手なイベント体験レポートの1つなんですが、

上記の3つのを意識して参加してみると、

食わず嫌いだったイベントも仲間が

出来たりするのではないかなと想います。

あなたの決断

場数という経験

時間は有限なので、大事にしましょう。

time

そんな私は、このイベントに参加して感じた事をお話ししてみました。

私は、ワインや料理に興味あって、そこに集まる方もそういうライフスタイルかなと想い参加しました。共通点が多いと盛り上がりますしね。

ちなみに、先日参加してみたのは、こちら。

louis_r6_c2

株式会社ルイR代表取締役
ルイ・ロブション・安部さん

分かりやすく言うとフレンチのロブションさんの息子さんですね。

次回は、10月19日(月曜日)大阪で開催されるみたいです。

イベント資料はこちらからご覧下さい。


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'