腸内フローラ(腸内細菌)とは一体なんだろう?

腸内フローラ(腸内細菌)とは何か?

47afd8ca48a92bb5df05b4ddab7229e9-635x394

“腸内細菌とは?”

「健康な身体にも存在する菌」であって、みんな持っている訳でないのです。微生物や細菌という言い方をしますが病原性を示しません。

その体内で腸管内の常在細菌が腸内細菌と言われます。

 

細菌のテレビやメディアでお花畑のように細菌類が生息していることから「腸内フローラ」とも呼ばれています。

“役割”

腸内フローラ(腸内細菌)には、5つの働きがある。

person-holiday-vacation-woman-large

 

人の場合、腸内細菌には主に5つの働きがある。

  • 病原体の侵入を防ぎ排除する。 → 病気などを予防する
  • 食物繊維を消化し短鎖脂肪酸を産生する。 → 腸内で発酵の際に生じる短鎖脂肪酸(主に酢酸、プロピオン酸、酪酸)が人の主なエネルギー源となる。
  • ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどのビタミン類の生成をする。→ビタミンB群は基本的に、炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に働きます。人にとってエネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらく元気の素で、どれが欠けても疲れやすくなります
  • ドーパミンやセロトニンを合成する。→ 目覚め・安眠・ココロの安定させる
  • 腸内細菌と腸粘膜細胞とで免疫力の約70%を作りだしている。

腸内フローラを改善すると

“免疫力の70%は腸で作られており、腸管には全身の70%の免疫細胞が集まっていると言われています。

①肉体的、精神的な健康維持

免疫力アップすることで健康的な体を維持できる。

②ダイエット

糖や脂肪、たんぱく質の代謝に欠かせないものです。

不足すればエネルギーへの変換効率が低下して

疲労がたまりやすくなるほか、余分なエネルギーが

脂肪へ変わり太りやすくなります。

 

③健康で若々しい肌作り

便秘などの腸内トラブルは自律神経の働きを狂わせ、血行不良を招きやすくなります。

 

運動する前に腸内・体内を改善することでカラダを見直すことできると言われています。ファスティングなどの調整する方法は、引き算の健康法だと言われています。ぜひ、何かしなければならないと思っている人は、引き算の健康法も試してみてはいかがでしょうか?

 

fstyle_fus


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'