知識より五感を遊んで鍛えよう。

家族で五感を磨くって?

pexels-photo-large

ゴールデンウィークに入り、

色々なところに遊びに行く家族も多いと思います。

この時に事故や災害にあってしまう可能性もあります。

怪我のない楽しい旅行やお出かけにするためにも

五感をしっかりと磨き、感じる。察知する力を養うことが大事です。

これは勉強ではなかなか身に着かないものです。

これらの力を養う子ども達にとっての一番の勉強は「遊び」です。

pexels-photo-69896-large

何で五感を磨くの?

それも外遊びやカラダを使った遊びをすることで

カラダで体感し身に付けていきます。

たまにするのではなく、しっかりと習慣づけて

毎日30分でも良いので外で遊ぶ、カラダを

使って遊ぶことにより磨いていくことができます。

「ここから跳んだら危ない」

など普段の経験より少しずつ学んでいくことになります。

飛び降りる

 

遊びの動きの中で覚える動きが、スポーツや日常のカラダづくりに関わっているのです。

やっぱり、もっと遊べばいいと思います。

カラダを使って。

ジャングルフィットの役割

ジャングルフィットでは動物の動きを使い

多種多様にカラダを動かすことができるので、

子ども達も

「この動きはまだ無理」

「この体勢はつらい」

「この体勢は危ない」

または、

「この動きなら楽に動ける」

「この体勢なら楽にキープできる」

「この体勢なら安全に動ける」

「この体勢と動きならカラダを守れる」

など自らの発見が大きな成長へと繋がっています。

IMG_4330

楽しい毎日を暮せるように、何かあったときにでも

とっさにカラダが動く様にして強いカラダづくりを目指していきたいですね。

synapse_facebook_001

 


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'