ごはんとおやつは「子どものきほん」です。

カラダに関することは、

「きほん」が大事にすること。

pexels-photo-large

今回は、おやつについて。

特に幼児期(1歳〜小学校に入学するまで)のお子さんのおやつの

考え方についてお話しします。

この時期は、赤ちゃんの頃に次いで発育が盛んな時です。

お父さんもお母さんも、どんどん大きくなり、どんどん食べる量が増える我が子にびっくりしているのではないでしょうか?

おなかはち切れんばかりに、まんまるになるまで食べるお子さんも少なくはないでしょう。

child-childrens-baby-children-s-large

「こんなに食べて大丈夫かしら・・・」

と不安になるお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、体重1キロあたりの基礎代謝量は約50〜60kcal。

成人の2ー2.5倍もあるのです。

1日中動き回って、カラダを動かすことが大好きなお子さんなら特に

それだけのエネルギーを必要としているということなのです。

もちろんカラダのサイズも、体重も、大人より小さく、

内臓などのカラダの作りも発達途中なので、

大人と同じ量を食べるなど、まるっきり同じ食生活をするわけにはいきません。

pexels-photo-27118-large

また、「何を食べるか」は周りの大人がきちんと選んであげないと、

幼児肥満ということにもなりかねません。

ただ、自分の子供が肥満かどうかの判断は、

自分の物差しで判断しないようにしてください。

カウプ指数や幼児身体発育曲線を参考に判断しましょう。
*カウプ指数={体重(g)/(身長(cm)x身長(cm))}x10

pexels-photo-29600-large

そんな食べ盛りの子供達にとってのおやつとは?

おやつ=お菓子 ではありません。

たくさんの量を一度に消化吸収することができない子供にとって、

おやつは食事では摂りきれない栄養素を補うためのものです。

発達状態や生活状況にもよりますが1日の総エネルギー摂取量の

10〜20%の量が目安です。

*1〜2歳なら1日で約100〜150kcal,

3〜5歳なら約150〜230kcalくらい。

1日3食の食事に1〜2回の間食(おやつ)を時間を決めて

食べることをお勧めします。

おすすめのおやつは、小さいおにぎり、ふかし芋、焼き芋、果物、ヨーグルトなど。栄養機能食品として販売されているものも増えています。

たまにはこのようなおやつを活用するのもいいですね。

strawberries-berries-fruit-freshness-46174-large

ちなみに、田舎育ちの私のおやつは、春ならイチゴやキウイ、

夏なら畑から採ってきた胡瓜やトマト、スイカ、枝豆、とうもろこし、

秋なら栗や柿、梨、焼き芋、冬ならお餅やみかんが思い出です。

もちろん、お菓子を食べることもありましたよ!笑

好きなお菓子は「おっとっと」でした。笑

こうやって、おやつ1つを取っても、家族の思い出になるんですね。

お子さんの健やかな成長のために、

ご家族で一緒におやつの時間楽しんでみてくださいね!

参考:http://kodomonokarada.com/

チームライアン  管理栄養士 大島 優生

synapse_facebook_001

 


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'