パーツだけ鍛えてもダメ!全体バランスが大事!

カラダは、どうやって動いている?

人間のからだは部分だけで動くのではなく、全身を使って動いています。

そのため、パーツだけを鍛えても、何の意味もありません。

からだ全体を使ってこそ自然な筋肉を作りだせるのです。

ベア 手伸ばし

 

人間は左右非対称なんだから!

人間は鍛えているときだけでなく、

普通に生活しているだけで常にバランスを保とうと努力しています。

バランスといってもいろいろとありますが、

ほとんどの人間はからだの左右がまったく同一ではありませんね。

左右の目の形が違いますし、足のサイズも左右で微妙な差があります。

右利き・左利きがあることからも左右に違いがあることが分かるでしょう。

人間のからだは左右のバランスがずれているのが普通なのです。

そのため、死ぬまで左右のバランスを整えようとしているのが人間という生き物なのです。しかも常に重力と闘いながらですから、

大変な労力です。立っているときなどに、無意識に右脚と左脚に

交互に重心を移しかえる行為も、からだが自然と

バランスを調整している証拠です。それなのに人間は無理をして

「この部分だけ痩せたい、鍛えたい」

と言いますが、からだはそれを分かっていないのです。

からだはバランスを取ることしか考えていません。

ですから、どこかのパーツを鍛えたいなら、

全体的に鍛えないとからだのバランスが

おかしくなってしまう危険性があるのです。

特に成長盛りの子ども達はしっかりとバランス良く

トレーニングをする必要があります。

こどもかいたん

怪我するのも理由がある

小さいころから何か特定のスポーツばかり行うと

その為の力はつきますが、からだ全体のバランスが

崩れ、怪我が多くなってしまいます。

例えば、バレイを長く習っている子どもさんは

細く、柔軟な筋肉をもっていますが、それに

ともなった関節の力や筋力がないために

怪我をしやすいからだになっています。

捻挫 男の子

カラダにとってバランスを知ること

全てはバランスが大事です。

左右のバランス、筋力と柔軟性のバランス、

そして関節の力。

基礎の力をしっかりとつくってあげることにより

初めて色々なトレーニングやスポーツ、運動の

価値が出てくるのです。

まずはすべての始まり、基礎・土台をつくることから

始めましょう(^^)

引用:http://goo.gl/crvcMj(子どものカラダ通知表より)

 

 

synapse_facebook_001


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'