『他に大事な問題があるならダイエットやトレーニングを後回しにしてもいいんじゃないか?』

結局、何が目的や問題で、どういう風になりたいのか?

“明日からやるんだ!”

この言葉に、何度、自分自身を騙したのだろうか?

pexels-photo-48566-large

そんなダイエットやトレーニングや趣味などでもある継続と切り替えの対処法について考えてみました。

『やらない事や途中で辞めるってのは、他に大事な問題があるんじゃない?』っていう話。

例えば…

・今日で仕事や家が無くなります。寝る事ない。

・今日、仕事で残業があって遅くなります。

・人間関係が気になって….やる気が出ません。

・本当は、言いにくい問題があって、解決したいと考えている。

・生きていく上で、仕事、お金、結婚、親、老後、誰もが気になる事での課題がある。

pexels-photo-48017-medium

おそらく、生命・生活のベースが危険にさらされている状態だと、捉える問題が違うんじゃないか???っていう事。

謝ります。ごめんなさい。(変な事言います)

よく考えると、大事な問題があって、そんな時にダイエットしている場合ですか?

いい事もありますよ。普段は表面化されている課題に意識が向き、解決しやすい部類の内容なのは間違いないと思うんです。

強いては自分の内側の問題を社会という外側に晒す事で改善しようとする機会が増えるんじゃないか?

カラダの内側の問題は、自分の内面から外側に向けた問題の兆候なのではないか?

ここの問題が

ハッキリしているスポーツ選手は、

成果を上げやすく問題解決しやすい訳です。

 

とはいえ、あなたの継続と切り替えの足を引っ張る原因はなんだろうか?

 

図式を作成してみたので、ご覧いただきたいと思う。

図の説明:そもそも自分の現状を考えると。

training_info001

説明:図の右と左のどちらに注目しているだろう?

・左側の部分から課題、不満が出てくる。

・右側の現状の不満や理想から行動に移そうとする。

・行動ができない人は、真ん中から左よりなんじゃないか??

 

説明:じゃあ自分自身が行動できるようになるには…

infographic02

図の説明:ポイント

①動けない人は、図の左半分が気になっているんじゃないか?

例:あの時は良かったみたいな過去の話が多い?

②右半分の事ばかり考えていると行動できないんじゃないか?

例:あーなりたい、こーなりたいの理想の話が多い。いつやるんだ?

③自分の現在を示す中心はどうだろう?

タイミングは、今。中心から右に行動しているのか?

④行動すれば結果が生まれる。自分にとっての改善はできているのか?

食事、体重、体調、感覚など自分を知る必要な指標が出てくるはず。

 

説明:表面的に気付いた問題点と本質的な問題とは?

info

図の説明:ポイント

・自分の本質やベースに課題がある場合は、表面的な問題を解決するだけで良いのか?

・生活が充実していないのに表面的な課題だけ解決していいのか?

・表面的な問題によって気づく事は、きっかけ。

あなた自身を行動体質にしていくには…….

本当に体質改善が必要だとしたら、

仕事しながらトレーニングする事は時間があるようでない事。

目的によって選択肢も多いようで少ない事。

理想に向けて成果も出るが、掛けた時間に比例するから成果に出会うまでの道程が長い事。

カラダにおいては目的と行動はシンプルである事。

 

体重減少 → ご飯のバランス・量・内容

カラダを引き締めたい → トレーニング・姿勢

体質を変えたい(冷え性) → トレーニング、ケア

参考に取り上げたが、一概にあなた自身に合っているとは思わない。

それは、あなたが一番合っている方法を見つける必要があるという事である。

その導きに迷った時は、専門家にお聞きする事をお勧めします。

 

synapse_facebook_001

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'