冬の養生 – 春が来る前に体力を蓄える!冬に摂りたい薬膳(食材)

全国的に大雪に見舞われて、とニュースになっていますが

ようやく冬らしくなったな〜と思うのです

季節は二十四節気【大寒】

一年で一番寒さが厳しい時期です

即ち、ここから少しづつ暖かくなり春に近づきます

 

冬は草木も枯れ虫や動物も冬眠する季節

東洋医学的にも人間もあまり活発にせず

ゆっくりと春になるまで体力を蓄える時期と言われています

勿論だからと言って一日中家に居て食べて寝てを繰り返していて良いという問題でもないのですが(笑)

 

意識として、あまり無理をする時期ではないと認識するだけでも
気持ちが楽になりますし、それなりの対処が出来ますね

春は陽気が上がり草木も芽生え心も身体も活発になる時期ですが
バランスを崩しやすい時期でもあり
そんな不安定な時期に活動が出来るように冬の間に養生、
氣を蓄えておくことが大切になります!

 

 

ではどうしたら良いか?
先ずは身近な食材で身体の中から取り入れてみましょう!

冬の間は身体を温める食材を積極的に取り入れましょう!

生姜、にんにく、ねぎ、唐辛子、胡椒、山椒、シナモンなど

普段の食事にも使っている食材ばかりだと思います。
冬の間はこれらの食材を
少し多めに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

冬は腎の働きを助ける食材を多めに取り入れてみましょう!
黒い食べ物や海藻類が腎の働きを助けます

わかめ、昆布、ひじき、のり、魚介類、黒きくらげ、黒ごま、黒米、黒豆、しいたけ、黒糖など

冬に食すものはなるべく生ではなく、火を通して温めてから食してください

さらに、春に負けないエネルギーを蓄えるために摂りたいのが

牛肉、羊肉、エビ、しいたけ、やまいも、もち米、高麗人参、なつめなど

こう見ると沢山食材があるので、
普段の食事に取り入れられる物が多いですよね♪

↑この春に負けない食材をみて無性に食べたくなったのが
中華ちまき!!!
もち米にエビ、しいたけ、豚肉などが入って、
あぁぁぁぁぁ〜!たまらん!!

 

chimama

と一人悶絶するのでした。。。

 

 

まだまだ春まで寒い日が続きます
楽しく美味しく身近な生薬取り入れて
春を迎える準備をしましょうね〜♪

 

 


The following two tabs change content below.
バランシングセラピスト、ヘナインストラクターとして、京都鞍馬口にプライベートホリスティックサロン "Bilanca"ビランカを構える。ノマドセラピストとして、出張、野外、イベントなどで人々のバランスを整えています。 http://www.bilanca.co  

Leave a Comment

'