腰痛が治ったら、”ベタな”デートにいきたい。

 

デートやお出かけは、

定番が一番。

“ベタ”な場所が落ち着きますね。

imgres

これは、ベタ焼き。

 

そんなデートプランを教えてくれたのは、

大阪在住の女性32歳、会社勤務の営業Aさん。

普段は、仕事柄、外回りが多い日常で、家に帰るのが遅くなる事も珍しくない生活。ちょっと会社の人手が足りてない感じがする今日この頃。

持病の肩こり、腰痛は悩みらしい。たまに整体に通っている。

imgres-1

 

もしカラダの調子が良いなら
友人、彼氏、家族を誘ってどこかに行きたいもんです。
ちなみに、今日は、最近デートするならという質問を聞いたら
丁寧に誘い方から教えて頂いたので、シェアしたい。

1.デートの誘い方
彼女をデートに誘うのは勇気がいるものですが、女性が好む場所に一緒に遊びに行こうと思い切って誘ってほしい。(信号送っているらしい。)
水族館や遊園地なら人気が高いスポットですのでハードルも低いと思います。(要は、連れて行けと。)

1211272top

  • 2.デートの進め方
    あくまでデートは女性が主役ですので、女性をエスコートするつもりでデートをすすめましょう。(デートは主役制なんですな。)
    まず、彼女がしたいことを優先してあげましょう。

ba17

  • 3.デート場所
    関西なら一番おすすめのスポットはもちろんUSJです。昼はアトラクションで楽しんで夜はイルミネーションで
    ロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。他にも南港などは夜ライトアップされて、海の近くは人気がありませんので
    二人きりの時間をつくることができます。(大阪や関西ならベタベタな定番スポットですね。)

1252_01

  • 4.デートでやってほしくない事
    男性が女性よりも羽目をはずして楽しんだり、彼女をほっぽりだしてしまうのは絶対NGです。
    あくまで彼女に喜んでもらうためのデートですので注意しましょう。(要注意ですね、念願の相手とデートできたら羽目を外しそうですね。)

ここまで聞くと、男性として、カラダの調子とココロの余裕を持ち合わせていないと、誤解される要素が多そうですね。例えば、つまんなさそうに見えたり、あきているように見えたり。

デートは、お互いの時間を合わせているから、二人で楽しいものする気持ちが大事ですね。

いくら体が健康でも、ココロが充実していないと、楽しめないかもしれませんね。是非、良いコンディションで望みたいものです。

日々の体調管理の差が出そうです。

良いデートは、良いコンディション創りから!


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'