噺カフェ 佐藤さんにとって健康って何ですか?

smile001

健康って….『笑顔』ですかね。

  1. “健康”の話の前に、今年4月8日に『噺カフェ』をOPENされていますが、お店が出来た経緯を教えていただけませんか?

    2年前に、主人の転勤で東京に引っ越しする事なりました。時期は 4月の転勤でした。5月ゴールデンウィークに引っ越しを終えて、私も仕事先を見つけて新生活…..その矢先の7月9日夜に主人が亡くなりました。当然、状況が変わり、遺品整理したり、仕事を探したりと 奔走する事となりました。その時に大阪へ戻る事もできたのですが、気持ちや状況から帰る事は選択しませんでした。何とか親にも期限付きで東京にいる事を了承をもらい、再スタートを図っていったわけです。

  しかし、考えことや不安が目の前に…..

     そんな時に近所のレストランの向かいの新宿スエヒロで

  ”春風亭 昇太”さんの落語を聞いてオモシロいと感じて、

syota

  その時の自分は現実逃避ができる事もあり、寄席に通いだしました。

  さらに寄席の魅力は、 三遊亭遊馬さんによって開化しました。

  三遊亭遊馬さんの後援会に入り、様々なサポートを行っていました。

07b_04t

  そして2015年3月3日大阪に戻ってきました。

  『人生一度、自分が楽しんで生きていこう..』

                また、昔のようにOLするわけでもなく、納得した人生を過ごしたい。

   やりたいと思った事、すぐに行動しないといけない。

   これが4月8日『噺CAFE』の誕生です。

   (※この取材日 10月8日がOPEN半年でした。)

17894_1568343700085898_7729900461026520566_n

   ありがとうございます。

話を健康に戻したいのですが….

2.佐藤さんにとって健康は、『笑顔』と教えてもらったんですが。

その健康の中で重要な”笑顔”が無くなる時って、どんな時ですか?また復活方法ってありますか?

私は、今のお店で初めて企画するときの前夜(不安)になります。例えば誰に連絡とるのか?伝える順番など小さい問題を抱えた時に不安でいっぱいで”笑顔”が無くなっているかもしれません。

それでも、参加頂いた方々、”笑顔”で過ごしてもらえた時が、私も笑顔になれる復活方法です。

後は、2つ過ごしている毎日で好きな人と過ごす食事や会話を大事にしています。 もちろん、主人に向かって手を合わせて、何事も報告している時は、心が落ち着きます。

最後におなかの底から笑ったのはいつですか?

[取材のお相手は、天満橋 噺CAFE 佐藤範子さん]

sato001

ホームページ:http://hanashicafe.web.fc2.com/index.html

噺CAFE ~ ハナシカフェ

住所 * 〒530-0043 大阪市北区天満3丁目4-5
TEL  * 06-6351-0588
email * hanashicafe☆gmail.com
(☆を@に変えてメールをお送り下さい)

カフェ営業時間 * 10:00~19:00(ラストオーダー18:30)
カフェ定休日 * 日曜・祝日

健康について聞いています。他の記事も良ければどうぞ。

編集長:内藤


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'