こどものカラダとココロとおどるとどうなる

メディアでは昔からよく目にする「ダンス」
見ていて華やかで盛大な雰囲気が感じられます。
義務教育でも必修化され、こどもの習い事にも取り入れるご家庭も増えつつありますね。

どうして教育に「ダンス」なんでしょう?

ダンスは、音楽に合わせる運動。
音楽はドーパミンというやる気物質を分泌させ
運動はニューロンという脳を構成する神経細胞を増やします。
軽快な音楽と中強度の運動が脳の発達を促し、集中力を高められ、また突発的な衝動を抑えたり、感情をコントロールしたりできるようになります。

理論的にはいろいろあります。

でも横にいるお子さまをよく見てみてください。よく思い出してください。

音楽を耳にした時のお子さまの行動。

パフォーマンスを目の当たりにした時のお子さまの表情。

きっとそれが答えです。

こどもの必要から考える教育に
もしかしたら「ダンス」があるのかもしれませんね。

 

力強さ・柔軟性・バランスが磨かれるジャングルフィット

synapse_facebook_001


The following two tabs change content below.

megumi matumura

松村 潤(まつむら めぐみ) KOOKiesストリートダンス教室 代表 京都市右京区在住 指導歴6年 『ダンス、運動、スポーツ』とはまったくの無縁でしたが、 出産後、育児をしながらストリートダンススタジオに通い始め、 近所のスポーツクラブでアルバイト勤務。 KTVフレスコフィットネスアカデミー・エアロビクスインストラクター養成にてフィットネス理論・解剖学・運動生理学などの基礎を学ぶ。 卒業後、フリーでストリートダンス・フィットネスインストラクター活動開始。 ご縁あって保育園や児童館にて少人数〜約70人クラスの児童幼児の指導を始める。 現在、幼児(2歳)〜成人(80歳代)の方まで幅広く指導させていただいています。 ・JAFA/ADI取得 ・DDD HOUSEWORKOUT 認定ブロンズトレーナー取得 オフィシャルプレゼンター ・ジャングルフィット認定講師

最新記事 by megumi matumura (全て見る)

Leave a Comment

'