音ヨガ”キールタンって??”

kiltan002

祇園囃子(ぎおんばやし)が聴こえる、夏の古都京都。

「始まり」のエネルギーが降り注ぐ 新月の夜に

神聖なチャペルで味わう 至福のひととき。

あなたの歌声で 本来のあなたと出会う体験を・・・という言葉に編集長は何かを感じました…..

歌い続けるヨガって?
歌い続けるヨガは、”キールタン”といわれ、聖なる言葉マントラをリードする側の後に参加者が同じように繰り返し、マントラは心を癒す魔法の言葉です。
繰り返し唱えることによって、心や想いに影響を与え、考えを良い方向へ向けていくことができる/といわれています。キールタンはハルモニゥム(鍵盤楽器)の演奏とともに、マントラをメロディにのせて参加者全員で歌い続ける音のヨガです。

kiltan002

場所は、[会場] AZEKURA チャペル http://www.azekurakankou.co.jp/

kiltan003

さて、イベントを主催されているのは、このお二人。
キールタンをこよなく愛するMiyukiさんとRyokoさんによって、お届けするBliss Circle。

Miyukiさん
香川県在住。
ヨガと音の世界に魅了され、香川、京都、大阪、名古屋、バリ+αなど、訪れる土地土地でその輪を広げる活動を行っている。
キールタンを通じて、参加者の心身を解放することを大切に、ワークショップやリトリートを各地で積極的に開催。

「風吹く場所が大好きな風人間です。
日々の暮らしを丁寧に。
自然の奏でる音とヨガに寄り添いながら過ごしています。」

Ryoko
京都生まれ京都育ち。
ニューヨークでジヴァムクティヨガのトレーニングを修了し、正式指導資格を取得。
京都を中心にレギュラークラス・ワークショップを行い、他府県でもヨガイベントで講師を務める。

「歌うことで自分を癒せるキールタンの魅力を多くの人とシェアしたい、そんな二人の純粋な想いが形になりました。
キールタンの大きな輪を皆さんで作れる事を楽しみにしています。」
————————————————–

kiltan004

この時間は、あまり体感した事ない時間となりました。
自分と向き合うってよくありますが、また違う感覚があります。
入り込む感覚を触れれるセッションだと思います。

【動くのが、苦手な方でも自分に向き合う事のできるヨガです。】

「ちょっと行きたい、食べたい、装いたい」をFstylemagazineから発信中!
その他のFプランはhttp://fstyle.me/category/eventから!

“I want to go a little, eat want, you want to dress” is in originating from Fstylemagazine!
Other F plan here shell!


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'