人体で一番大切な血流ってどこ?

血液の循環で大切でないところなどもちろんありません(笑)

でもあえて言うならどこか?

 

よく血液さらさら・どろどろとか耳にしますが、

どういう意味でしょうか?

 

さらさら=流れが良いみたいなイメージはみんな持っていますよね。

でも、そもそも「さらさら」とは医学用語ではないため、

明確な定義は存在しません。

言葉が有名になりすぎて一人歩きしているようです(どこへ向かってるのやら)

 

食生活が乱れ・寝不足・運動不足だと「どろどろ」でよくない。

これはなんとなくわかると思います。

でも、そうなったからといって、

すぐ病気をしてしまったり、命を落とすことはありません。

 

ではほっといていいのかというとゆくゆく体調不良が起こっても嫌なのでサラサラになりたいとよく耳にします。

では、一体どこの血流が悪いんでしょうか?

悪くなってもすぐ病気をしてしまうわけではない血流とはどこでしょうか?

 

答えは・・・

 

末端の血流です。

専門用語でいうと、「微小循環」と言います。

これは言うならば「新陳代謝の血流」ですので、この一言でその大切さが伝わると思いますが、人体で一番大切な血流です。

 

単に冷え性とかはイメージがしやすいでしょうがそれだけではありません。

頭痛・肩こり・冷え性・生理不順・腰痛・倦怠感・痺れなどなど様々な症状に現代人は悩まされていますが、人体で血流と関係ない場所なんてありません。

人体は細胞でできていますから、全ての細胞に栄養と酸素が必要です。

それを運ぶのが血液なんですね。

 

つまり、不調を抱える方は生活を正す必要があり、改善すると循環は良くなりますので、体調が好転します。

マッサージにしろ、エステにしろ、体操や運動にしろ、血流が良くなることばかりです。だから、身体が楽になったりするんですね。

 

わかりやすくするためシンプルにお伝えしていますが、

少しずつ掘り下げていきます。

 

F style.が気になった、
株式会社血管美人 武野 剛さん 株式会社血管美人

店名:株式会社血管美人
住所:京都市伏見区深草中之島町4-20 中之島ビル2F
TEL & FAX:075-644-9369 / 075-320-1392
URL:http://www.kekkan-bijin.com/


The following two tabs change content below.

Leave a Comment

'