看護師・美容師・教師の方が悩む。与える人ほど整えたいのはカラダの奥底

看護師・美容師・教師が悩むカラダの悩みと解決方法のまとめ。

与える人ほど整えたいのはカラダの奥底2

看護師…病院などの医療機関や保健、福祉の場において、資格上認められる医療行為を含めて医師の補助をしたり、患者などの世話や援助をしたり、必要な教育をする医療従事者

美容師…免許に基づいて人の髪を染めたり切ったり、薬品を使って形状を変えたり、また、人の顔に化粧をしたりなどすることで人の容姿を様々な目的で演出する専門職者

教師…学校などで知識、技能、道徳、学問といった一定の分野の教育をしたり、、生徒の能力や社会性が向上するよう指導をしたりする立場を職業とする人

仕事上で起こるカラダへの負担

与える人ほど整えたいのはカラダの奥底1

3つの職業に共通しているのは「癒す」「施す」「育む」などして、人に直接的に関わること。

人間というのは会話や行為を通じて、目に見えないレベルで目に見えないものもやり取りしています。

感情とか、思いとか、エネルギーとか、念とかです。

関わりが強いほどよりそのやり取りは強いのですが、友達同士や恋人同士、兄弟などの関係と違い、

師と名のつく人は、その業の下で関わる人とは対等ではなく、多くを与える側と言えます。

それは自分の持つ知識、能力、技術、信念などで対象者に貢献したい、しなければ、という職者ゆえ。

また、多くを相手に仕事をしているからこそ受け取るものも多いのです。

リクエストやオーダー以外にも、クレームのような明らかなものもからネガティブマインドや波動のようなものまで様々です。

けれど師と呼ばれる人も人間。

与える人ほど整えたいのはカラダの奥底3

許容量が超えれば疲弊して病んでしまいます。

心もカラダの一部とするのなら、心が壊れるのです。

「心折れる」「心が潰れる」という表現はまさにそれです。

いえ、やはり心は体の一部です。

カラダには神経という器官がありますが、それはカラダの伝達機能であり、心の働きにも司っています。

特に自律神経、と言うとピンとくるかもしれません。

自律神経というのは交感神経と副交感神経から成り、カラダのあらゆる機能が正しく働くような調整を担っています。

自律神経のバランスが乱れると、カラダのあちらこちらに不調が出る、というのはよく知られているメカニズムです。

消化機能が落ちて胃の調子が悪くなったり、下痢や便秘などの症状や頭痛、肩こり、めまい、不眠など、

とにかく日常生活に支障を来たすような不調に陥ります。

そして無気力になったり、「頑張ろう」「やらなきゃ」という意志に逆らうようにカラダが動かなくなったりもします。

自律神経の乱れる原因はたくさんありますが、生活環境や職場環境、自然環境などの外的要因から受けるストレス、

過労や不規則な生活によるストレスなどが挙げられます。

現代社会を生きる人間にとって避けられないことばかりなのですが、だからこそ深刻な状態になる前に、

日頃から自律神経バランスが崩れないように心がけ、心とカラダをリセット&リフレッシュさせる習慣を持ちたいものです。

解決方法

83597743

そこで毎日ほんの少しの時間でも取り入れると効果的なのが“グラウンディング”です。

ラジオ体操よりも簡単なのに、繰り返すことでカラダの奥底からケアできます。

グラウンディングとは、グラウンド=groundという言葉から来ています。

グラウンドの意味である地、地面ですので、

「根ざす」「大地にしっかり立つ」「地と接する」というニュアンスがグラウンディングのイメージです。

スピリチュアリストなどはかなり専門的なグラウンディングをするらしいのですが、日々の中に取り込むことが大事ですから、

まずは基本をマスターします。

①朝、できればアスファルトなどで舗装されていない地面に立ち、自分が地球の一部であることを意識し、目と閉じてもいいですし、空を仰いでもいいです。

②そして風を感じたり、雲の流れを目で追ったり、太陽の光を浴びたりして深呼吸。自然からエネルギーをいっぱいいっぱいもらうのです。

そうすることで心身の浄化にもなります。

庭先や、近くの公園がいいですが、適当な場所がなければ、窓やカーテンを開けて部屋の中ででもグラウンディング。

とにかく地球の深部とつながり、壮大な宇宙空間にちゃんと受け止められているんだ、ということを感じるのです。

休日など時間にゆとりがあるのなら少し遠出してのグラウンディングもおすすめです。

立場上、いつも多くを与えて多くを受け取る事が多いのですから、自分よりもずっと大きな存在と目に見えないものをやり取りし、

カラダを奥底から整えられれば、きっと毎日を快調に過ごせるはずです。

 

たまには、自分に向き合ってみましょう。

 


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'