春夏梅雨”シャツジャケット”を仕立てたい。

①ある日、生地をみていたら…..

とても素敵な生地をを見つけました。
京都の某所で。

20150413055401

20150413055414

20150413055427

②春夏の生地のリネンやサッカーはさらっとした風合いが涼しさを醸し出す。

20130317234739_24424
引用元:http://www.tokyolife.co.jp/news/846/

③男性のタンクトップ姿「許せない!!」女性は43%

こうなると、着れないですね。

サイバーエージェントがまとめていたアンケートによると、
「男性のタンクトップ姿、許せる?」という質問に対して、43%と約半数の女性が「許せない」と回答。「許せない」という女性からは、「脇毛がちらちら見えるのが本当に許せない」「ごはん食べてるときに脇が見えるのは衛生的に嫌」「生理的に無理」という意見が見られた。
引用元:http://news.mynavi.jp/news/2014/07/17/170/

基本的にタンクトップを着るの辞めときましょう。

④っていこう事で、大人の品格を上げる意味でもシャツを羽織る。
やっぱり、季節に合わせて、素材や着るものを選ぶ。
でも、過激な服は避けないと、敬遠される可能性も。。。

そんな事で、シャツジャケットの仕立てをしてみませんか?
私も作るので、乞うご期待!!

今回は、京都のオーダースーツの老舗『加藤重』さんに、相談に乗ってもらいました。
http://www.katoju.co.jp/


The following two tabs change content below.

fstylemagazine編集長

Reset of F style. Fstyle magazine,の編集部です。 烏丸に出掛けたくなる情報発信中。

Leave a Comment

'